プリーツスカートを使った30代・40代の2018年春夏コーデ!マキシ丈とミモレ丈別

こんにちは、キラです。

ボリュームスカートってシルエットがカワイイんですが、着太りするのが悩み・・。

町のファッションを見てると最近本当におしゃれな人が増えましたね。

ダウンタウンの若い頃を見て育った昭和時代にはおしゃれな人が少なかったと思うんですが・・。

2018年の町のファッションを見てみると、おしゃれじゃない人のほうが少数派で浮いちゃってることも。

着太りしなくてコーデしやすく、シルエットがかわいいボリュームスカートが欲しい!

そんな時私は、着太りしないプリーツスカートを使ったコーデをおすすめしています。

そこで今回は、

プリーツスカートを使った30代・40代の2018年春夏コーデ!

  • マキシ丈編
  • ミモレ丈編

丈別に分けてみていきたいと思います。

それでは見ていきましょう(*^^*)!

スポンサーリンク

2018年トレンドカラーと美シルエットについて

2018春夏のトレンドカラーは、

  • ラベンダー
  • ピーチピンク
  • パステルブルー
  • レモンイエロー
  • グリーン

美シルエット他詳しくは別記事にしました。
レディースファッションのおしゃれな3シルエットと体型カバーコーデは?
ぽっちゃり体型を着痩せさせるためのコーデ術まとめ!春夏トレンドカラーもチェック

プリーツスカートを使った30代・40代の2018年春夏コーデ!マキシ丈編

マキシ丈っていうのは、足のくるぶしまで隠れてしまう程のロングの丈をいいます。マキシ丈スカートの特徴は脚長効果と女の子っぽい印象で男目線でも女目線でも可愛く見えること。

マキシ丈スカートコーデのポイントは、

①トップスはVネックや第二ボタンまで開けて首元を見せることと腕まくりや7分丈等で手首を見せること。

首と手首を出すことで、抜け感もでるし、可愛く見えちゃいますよ。

②トップスはジャストフィットで丈は短いものかスカートにインするとより脚長で美スタイル効果が際立ちます。

トップスをインしないときは、ベルトでウエストにアクセントを付けると美スタイル効果でますよ。

③スカートの裾が地面に擦れるのが気になるときは、ヒールを履いたり、スニーカーにインソールを入れるとイイと思います。

それではコーデを見ていきましょう。

1 プリーツスカート+ローヒール+カットソー+サングラス

ネイビーでトップスをシックにまとめてのピンクのマキシ丈プリーツスカートですから、かわいさをだしつつも大人の女性感も出してますね。仕事のできるキャリアウーマンっぽさがでています。

トップスがスリムフィットしてるのも、美スタイル効果ありますね。

https://www.pinterest.jpより

サングラスで目線が上にも行きますから、縦長のIラインがより際立ちますので、よりスタイルが良く見えます。

サングラス以外では、バンダナ、帽子やヘアアクセでも目線を上にもってくることで、高身長に見えるし、美スタイル効果もありますね。

帽子、ヘアアクセ、サングラス等の目線をトップにもってくるアイテムはめっちゃおすすめですから使ってみてくださいね。

2 プリーツスカート+緩めのトップス+ベルト

1960年代に流行ったヒッピースタイルっぽいコーデですね。

頭に花のヘアアクセとかヘアバトンをつけるともっと良かったかも。60年台を描いた映画とか見るとよく花のヘアアクセつけてたりします。映画「フォレスト・ガンプ」でみた気が・・。

https://www.pinterest.jpより

緩めのトップス+マキシ丈のプリーツスカートだとスタイル悪く見える危険もあるんですが、

ベルトでウエストを出せばOK。スタイルもいいしよりカジュアルで抜け感もでてカワイイですね。

ヘアバトンはゴールドやシルバーがかわいい!今ならセール中↓

 

3 プリーツスカート+ボーダートップス+帽子+ローヒール

カジュアルでかわいいボーダーのトップスを腕まくりしてるのと、帽子がアクセントになっていておしゃれに感じます。

ローヒールで楽ちんだし、おしゃれ女子の普段着って感じですね。

ちなみに2018年春夏のトレンドカラーは

ラベンダー、薄いグリーン、薄い青、薄いピンク、薄い黄色。薄めの色や中間色(ラベンダー)が流行りですね。

https://item.rakuten.co.jpより

ボーダー柄で着太りが怖い人は、ボーダーのラインが小さめ(細め)のものをチョイスすればOK。帽子やヘアアクセで縦長Iラインを強調して着痩せ効果が十分発揮できます。

ボーダーってカワイイんでぽっちゃりの私もヘビロテアイテムですよ。

4 プリーツスカート+ブラウス+帽子+ローヒール

ライトグレーのプリーツスカートですね。麦わら帽子との組み合わせがさわやかです。

春夏はブラウスも着たいんで、かわいくコーデしてますね。ゆるーくカジュアルなファッションで仕事には着ていけないですが(笑)。デートやランチにピッタリですね。

https://item.rakuten.co.jpより

帽子を使ってローヒールでも美スタイル効果を発揮してますね。

ローヒール履くときには、着痩せ効果や高身長効果を狙える帽子やヘアアクセと組み合わせるといいかも。

5 プリーツスカート+リブニット+ベレー帽+ブーツ

黒のリブニットでシックな感じもだしつつ、腕まくりで抜け感もでてます。

赤+黒は鉄板で似合いますね。

https://item.rakuten.co.jpより

このコーデも帽子とメガネでトップにアクセントをつけています。よりモデルさんのスタイルがよく見えますね。縦長で長身に見えますし、袖まくりで手も長く見えますね。

6 プリーツスカート+カーデガン+帽子+ブーツ

黒をベースにしてシックにまとめてますね。2018年トレンドカラーのラベンダー(紫より?)のトップスと組み合わせてます。

私も黒ベースのコーデはよく使うんですが、黒+トレンドカラーは簡単にオシャレ感を出せるし、着太りしないんですね。

https://item.rakuten.co.jpより

さらに、黒のマキシ丈スカート+黒のブーツなんで脚長効果でより細く長く見えてしまいます。

マキシ丈スカートと靴の色を合わせるのはおすすめのコーデですね。

コーデ3~6で登場したマキシ丈のプリーツスカートは楽天で2万4千枚以上売れた人気商品!しかも今だけ送料無料キャンペーン中。まずは5色の色合いを見てみてね↓

 

 

プリーツスカートを使った30代・40代の2018年春夏コーデ!ミモレ丈編

2017年に流行したミモレ丈スカートですが2018年も人気は衰えず、定番のアイテムになりつつありますね。

「ミモレ」とはフランス語でふくらはぎの真ん中あたりを言うそうです。

マキシ丈スカートに比べて、下を引っ掛けたりせず、きちんと感が出せるし、職場にも安心してきていける上品なアイテムといえます。

7 プリーツスカート+トレンドカラーのブラウス+ヒール+サングラス

トップスにトレンドカラーのブラウスやカットソーをもってくるのは簡単に流行ファッションを作るテクですね。しかも袖が5分丈、7分丈は本当にかわいく着こなせちゃいます。

https://www.pinterest.jpより

サングラスで目線を上にもってきてるのもイイ!

サングラスの代わりに、バンダナ、帽子、イヤリングなんかも使えますね。

8 プリーツスカート+ブラウス+ヒール+サングラス

これは以外で、大胆な組み合わせです。へそ出しのトップスもカッコイイですね。

今は昭和と違って、30代、40代でも若く綺麗な女性が多いんでコーデ画像として採用してみました。

私の(昭和の)子供時代に今の40代をみると、20代って勘違いしてしまったかも。

https://www.pinterest.jpより

黒をコーデの中に取り入れると、シックで締まって見えますね。へそ出しで若さを感じますが、カジュアルすぎずまとまっています。

私もコーデによく黒を1点使いますが、合わせやすい色の一つですね。

9 プリーツスカート+カットソー+ローヒール+トレンドカラーのバッグ

白のプリーツスカートが清潔感があっていいですね。第一印象のいいコーデですね。

白のスカートはもちろんスケ防止の工夫はされてます。

https://item.rakuten.co.jpより

ミモレ丈のプリーツスカートとローヒールの相性はいいので、楽ちんコーデにも使えますよ。

ローヒールは肌の色に近い色を使うと、十分脚長効果発揮できるので試してみてくださいね。

肌が色白なら白系、黄色っぽい人はクリーム色や白っていう感じです。

10 プリーツスカート+ライダースジャケット+ヒール

プリーツスカートはライダースジャケットやデニムのジャケットにも合うので、肌寒い日のコーデにも使える。

ライダースジャケットを着るとチョイ辛ファッションになって、印象がグッと変わりますね。

https://item.rakuten.co.jpより

海外でも、プリーツスカート+ライダースジャケットのコーデは流行ってますね。

https://www.pinterest.jpより

上で紹介したプリーツスカートは下で買えますよ。12色あってコーデしやすくなってます。さあ今すぐ色あいをチェック↓

 

まとめ

今回は、体型カバーコーデもしやすい、プリーツスカートについて書いてみました。

マキシ丈は脚長で、スラッと見えるし、

ミモレ丈はおしゃれで、使い勝手が良いアイテムです。

最後までお読み頂きありがとうございました。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です